皮膚科のレーザー脱毛は痛いの?効果は?

慣れればそれほど痛くない

イメージ

皮膚科のレーザー治療は痛いというよりも最初すこしショックを感じます。バチン、バチンというゴムで弾かれたような感覚で、痛みよりも驚きのほうが強いです。
デリケートゾーンや皮膚が薄いゾーンでは、刺激を強く感じることもありますが、慣れてしまえばたいしたことはありません。

 

ただし、効果のほどは、光脱毛よりもずっと強いので、施術の回数、そして短期間での永久脱毛が可能になります。
また肌表面の肌トラブルやアンチエイジング治療も兼ねることができるので、肌美容の観点からもおすすめです。

 

皮膚科のレーザー治療を行う場合には、きちんとした専門医がついて治療してくれますので、安心して治療が受けられますし、予想しなかったトラブルや、治療のすすめかたについても相談にのってくれます。

 

皮膚科のレーザー脱毛を受ける際に、痛みがどうしても気になるという人向けに、施術の痛みを和らげてくれる、極細針を使用しての麻酔注射を行ってから、レーザー照射をしてくれるクリニックがあります。

 

痛がりさんは、そうしたクリニックに相談してみましょう。きっとよい解決策が見つかるはずです。

 

痛みが我慢できない場合は相談を

痛みの感受性はひとそれぞれですので、どうしても痛いときには無理をしないで、麻酔を打ってもらうなりの対処をしてもらってください。医療レーザーの痛みが我慢できないときには、医療レーザークリニックでも光治療を同時に行っているところがありますので、光脱毛のほうにスイッチしたり、レーザーの種類の選択、つまり4種類のレーザーのなかから肌にあったものを選んでもらったりしましょう。

 

いまは大分治療の痛みは緩和されているということですから、まず、自分の感覚を大事にして、治療の痛みがきつかったら、遠慮なく、早めに相談することが大事です。
施術後の痛みや赤み、トラブル肌も、医療系クリニックのほうがしっかりとしたアフターケアをしてくれますので、肌をケアしつつ、きちんと永久脱毛が完了するようになっています。
ぜひご相談ください。